« 正直、リア充の定義を理解してません@小田 | トップページ | 初めまして@壹岐 »

2022年6月 2日 (木)

BCAAを飲み始めたら疲労がたまりにくくなりました(宗教ではない)@はらだ

おはこんばんちは、B4の原田です。

目の前でスマブラをやっている人がいるのでブログを書くことに集中できないです。

 

中長の人がこのブログを読んでいるかもしれないので自己紹介をします。

工学院情報通信系4年で、ハードルパートチーフをやっています。幹部代では内務もやっていました。専門は400mHですが、4継とマイルもよく走っています。インドア派でありアウトドア派でもあり、趣味がたくさんあります。

 

今日は織田で走練でした。メニューは短短が120×4で短長が250×3でした。僕は250×3で最近の中ではそこそこ走れたほうでした。4月に入ってから水曜午後にゼミをするようになったので、練習開始に間に合わないことが多いです。今日もそのせいで1本目がアップ不足でちゃんと走れませんでした。今年度に入って實本がさらに速くなってきているので、負けないように頑張っています。実は昨日も織田で400×4をしたのですが、實本わたるけいごの後輩たちにぼこぼこにされました。

 

今年はハードルを専門にしたい1年生が入ってきてくれて、チーフの仕事が今年で終わりそうでよかったです。高校でハードルをやってたやつはB3にいるのですが、彼は100mと200mが大好きなのでチーフになってくれませんでした。上の代は110mHをやっている人しかいなかったのに、いきなり400mHが人気になって驚いています。後輩たちに負けないように400mHのPBをどんどん更新していきたいです。

 

 

/*ここで日付が変わりました*/

小田が練習内容について言っていたので僕も個人的な意見を書こうと思います。

まず短長の練習についてです。400mのタイムが伸びない原因は、

①トップスピードが足りない

②体力が足りない

のどちらかだと思っています。①の場合はウェイトとか短短の練習を多めにして、②の場合は短長の練習を多めにします。自分が①と②のどちらなのかというのは人それぞれなので簡単に判断することはできません。僕は去年の夏から今年の4月までは①の方針で練習をしてきました。去年の春の段階では100mが11秒中盤、400mが51秒後半くらいでトップスピードがそもそも足りないと思ったからです。冬季練をこなしていってトップスピードが上がり、今年の春からは4継にたくさん出るようになって短長練が足りていなかったので5月ごろから②寄りになっています。最近は短長練をするときに加速が自然にできなくなってきてスピードにのれないことが多いので今度の土曜の150で状態を確認します。

 

次に短短の練習についてです。僕は100mの専門ではないので読み飛ばしてもらっても構いません。

短短は200m以上の長い距離は走らなくてもよいという意見をたまに聞きますが、僕はある程度は長い距離も走ったほうがいいと思います。具体的には、4回の走練のうち1回は300×2、200×3、150×3×2のような長めの練習をする感じです。距離を積めていないとケガをしやすくなり結果的に短短練をこなせなくなります(僕の経験則)。これに関連しますが、B1は冬季練をせずにシーズンインしているのでケガをしやすいことを意識しておきましょう。また、夢の中で走っているような、体が重い感覚になってレースの後半で足が回らなくなってきます(僕の経験則)。

 

【結論】

今の舘入のメニューは自分である程度選択することができてバランスが良いのでこのまま続けていってほしいです。

 

 

全く関係ない話ですが、僕はマイクラパート(非公式)チーフもやっていて東工大陸上部のゲームサーバーを管理しているのでjava版マイクラをやっている人はLINEでプレイヤー名を送ってください。PCでできるゲームで3000円くらいで買えるのでみなさんも始めましょう!もしかしたら補助金を出すかもしれません。

 

次は土曜日にきたB4またはM1でお願いします。

« 正直、リア充の定義を理解してません@小田 | トップページ | 初めまして@壹岐 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ