« 【関カレ デブリーフィング】失敗する場としての陸上部 @坂巻 | トップページ | 正直、リア充の定義を理解してません@小田 »

2022年5月25日 (水)

合練においでよ@梅田

皆様こんにちは。初めましての方は初めまして。B4の梅田と申します。お久しぶりです。生きてます。勝手に殺さないでください。

初めましての方々のために自己紹介をしておくと、種目は100mを専門にしています。長い距離は走れないし走りたくないです。大学の方では機械系に所属し、研究室では先輩から引き継いだロボットを弄る日々を送っています。とってもブラックホワイトな研究室です。

まずは本日の練習の総括です。今日のメニューは短短が100m×5(r=5min)、短長が200m×2×2(r=walk,R=20min)でした。私は短短のメニューに参加したのですが、訳あって(後述)5ヶ月もの間走れていなかったため、まるで体が動きませんでした。元々弱かった心肺もクソザコナメクジと化しており、5本走り切るので精一杯でした。なんか前腿がしんどかったので走り方もあまり良くない気がします。ついでに補強のランジでケツも破壊されました。運動不足って恐ろしい。

さて、先述のとおり、私は5ヶ月間合練に出席できておらず、今日がブランクが明けて2回目の合練となりました。なぜかというと理由は単純で、左足首を捻挫したからです。ではなぜ捻挫に至ったのか、それは今からちょうど5ヶ月前に何があったか思い出せば察しのつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです、OB戦です。OB戦で私は400mHと895mSCに出走しました。よりにもよって足首に負担のかかる2種目を選んでしまったのが運の尽き、明確に捻ったわけではないのですが、帰宅後に足首を見ると見事に腫れておりました。病院に行きMRIも撮ったのですが、結局症状はよくわからず、今はサポーターを付けて痛まない範囲で練習するという状況が続いています。5ヶ月静養した割に治りが遅いので不安感はありますが、焦らず体を戻していければと思います。フェードアウトなんかしてたまるか。

続いて、先日行われた関東インカレの感想をつらつらと垂れ流していこうと思います。まずは出場した選手の皆様、そしてサポートにあたったマネージャーの皆様、本当にお疲れ様でした。短距離の詳しい結果は前回のブログで坂巻が書いてくれたので割愛しますが、個人的に印象に残ったのはやはり長距離の小林が3000mSCで工大記録を更新したことですね。現長距離コーチの水町さんが打ち立て、長年破られなかった工大記録を破ったということはとてつもない偉業だと思いますし、大学から陸上を始めてストイックに練習を重ね、工大記録更新に至ったということには、同期ながら尊敬の念しかありません。小林おめでとう🎉

考えてみれば、こうして集団で関カレの応援をするのは3年ぶりです。関カレに関しては過去4回のうち今年が一番楽しめた気がします。家でライブ配信を観るのもそれはそれで楽しいですが、やはり会場を訪れてチームメイト全員で応援できるというのは素晴らしいことなんだと気づかされました。なんというか、月並みな表現ではありますが、喜びは分かち合うと倍増するのだと実感しました。また、新国立競技場での開催ということもあり、音響設備が豪華だったことも気分を盛り上げてくれました。あとは、どこぞの相模原の僻地と違って交通の便が良いのも高評価です。

ところで、久しぶりの合練に来て思ったのは、B4が少なすぎるということです。どの口がほざいとるんだという感じではありますが、同期が少ないと寂しいものです。すずかけ送りになった坂巻はさておいても、牧野と近藤が見事に消えていたことには涙を禁じ得ません。特に近藤、お前たまには合練に来い。新入生とお喋りするだけでいいから。

一番言いたかったことを吐けたので、記事はここまでにしようと思います。

次は土曜に来たB4の誰かにお願いします。いなければ上級生のどなたかにお願いします。

« 【関カレ デブリーフィング】失敗する場としての陸上部 @坂巻 | トップページ | 正直、リア充の定義を理解してません@小田 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ