« 正月が終わると正月がやってくる@広瀬 | トップページ | ご指導をいただける幸せ@髙橋 »

2022年1月10日 (月)

俺って実は@馬場

 あけましておめでとうございます。今年の目標は部員全員倒し、馬場雄大と言います。皆さんは目標をたてましたか?目標を達成できるよう、技術と筋力にさらなる磨きをかけていきましょう。

 

 さて1/8の練習は、(120+150)×3,レストは10分と15分でした。目的は指示通りの加速後の走り、特にカーブを抜けてから50mぐらいの維持を意識しました。1本目の120はここ最近の中で一番調子がよく、軽く走ってるのに加速後の進みがグイグイ行けてました。多分前日が久しぶりのレストで、体がいい感じに仕上がったことが原因だと思います。走り自体は後傾気味で上下動もありいつもの僕でした。ただ上下動に関しては、隣の深町さんと比べると動いているがいつもの軽く走ってる時の僕に比べると少ないように見えました。若干。また、3セット目で久しぶりにふくらはぎが逝きました。見た目ではあまり分からないけど普段と違う走りをしていたのかもしれません。実はこれが良い走りだったから調子が良かった、とかだったら嬉しいですね。

 

 何を書くかいろいろ考えたんですが、やっぱり最近あった嬉しかったことでも自慢しようと思います。多分、同期の多くはこないだもう知ってしまったのではないでしょうか。

そうなんです。実は私、ジョジョが大好きです。そして先日、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」が放映開始しました!やったぜ!というわけでジョジョについて少し説明していこうと思います。ジョジョの奇妙な冒険は主人公ジョジョが能力を使って仲間共に敵を倒していったりする王道(?)バトル漫画です。というのも、ジョジョというのは1~8部(2022/1/10現在)の異なるストーリーで構成されており、部によって主人公も物語もかなり変わっていく(特に4部は日常系で異質)ので、ったりすると言いました。僕は5部までしか知らないので、今回の6部ストーンオーシャンは初見でとても楽しみなのです。主人公は、1部でジョナサン・ジョースター(ジョジョと言ったら大体コイツ、関係ないけど1部ででてくるスピードワゴンさんは芸人のスピードワゴンの由来らしい)、2部でジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースター(ジョジョとも呼ばれる)、3部でジョセフの孫、空条承太郎(くうじょうじょうたろう、作中では序盤ジョジョと呼ばれたがジョセフもいてややこしかったからか途中から承太郎になった)、4部でジョセフの隠し子、東方仗助(ひがしかたじょうすけ、もはや助をジョと読むという無理やりのジョジョ、作中では一話の名前説明の時一度のみジョジョ呼びだった)、5部で、ジョースター家の宿敵DIOの息子、ジョルノ・ジョバァーナ(大体ジョルノ)、そして6部で承太郎の娘、空条徐倫(クウジョウジョリーン)となっています。1,2部は波紋、3部からはスタンド(幽波紋)という特殊能力を使って物語が進んでいきます。ほら、主人公の名前を見ただけでも面白そうじゃないですか?読みたくなってきたでしょう?ジョジョはかなりユニークな画風、言い回しやセリフが見所で、中毒性があります。正直、ストーリーはくどいですが、それでも非常に面白いです。詳しい説明はしません、読んだことない人は是非読んでみてください!このブログを無視するんじゃあねぇぞ!この便器に吐き出されたタンカスどもが!!

 ではこの辺で。アリーヴェデルチ!

« 正月が終わると正月がやってくる@広瀬 | トップページ | ご指導をいただける幸せ@髙橋 »

無料ブログはココログ