« 2年ぶり@宮路 | トップページ | 4年間ありがとうございました!@齋藤 »

2021年12月 6日 (月)

最終回 就活と落選@下山

なぜ、俺は走って来たんだ?

と最近考える事が多い、M2の下山です。先月学生シーズン最後の試合が終わってしまいました。もう今後、試合に出ることはほぼ無さそうです。でも、走り続けます。走りの探求は楽しいし、太りたくないので。

もう最後かもしれないブログでは、陸上とは関係なく、就活をやってて僕が学んだ事を、そして落選における怖いところを、僕の第一志望会社落選のエピソードと共に書いていこうと思います。

僕は再生可能エネルギーの会社に来年から就職します。就活の具体的な過程については今回書きません。よかったら別で聞いてください。

さて、学んだことについて色々書きますが、多分まだ変なこと言ってます。見つけたら、ぜひ教えてくれると嬉しいです。一定数ご存知かとおもいますが、僕はある第一志望の会社の選考に落ちました。我ながらそこそこ経歴に自信あったのに。それに8ヶ月間、同社でインターンしてたのに。 

さて、落ちた理由、なんでしょうね?休憩中に筋トレしてたから?酒飲まないから?つまらんボケを言うから?

まあ3番が正解に近いですが、言われたことは、、

”相手の都合を考える事が出来ないから”

という事です。他の言い方をすれば、思いやりがない、相手の考えを尊重出来ない、コミュ力不足、ということになるかと思います。

あー、、たしかに、、とか思ってる人、怒らないから、名乗りなさーい。

再生可能エネルギー業界において、例えば風力発電所などの施設については、地域住民との丁寧なコミュニケーションが求められます。相手の都合を正確に理解し、寄り添う必要があります。しかし僕は自分勝手で、相手の都合を考えらないので、住民との合意形成等を任せることは出来ないということで、落ちたのです。

不思議なことに、落とされるまで、僕は自分がそこまで出来ない人間だと思ってませんでした。正確に言うと、何となくその欠点を自覚しつつも、深刻視せず、目を背けて来たのです。

ここでやっと真剣に、自分の性格、考え方に深刻な問題があるとして捉えました。でも実は過去に、当問題を指摘してくれていた仲間の発言が驚くほど存在していたことに今更気が付き、愕然とするわけです。

ここで、当時仲間の発言を受け入れなかったのはなぜだろうと考えた時に、自分の嫌なところに気が付くのです。僕は、周りより優れている、周りは自分より劣っている、そう底では考えていたのです。そして自分の欠点を、自分で認めたくなかったのです。よって仲間の言葉を無視し続けていたのだと思います。おしまいみたいな人格。

今回僕の問題を真剣に指摘してくれた方には、本当に感謝しかありません。今思えば、傍から見て自分大好きかつ他人の意見を無視する奴には、指摘しても反論したり、受け入れなさそうだと想像し、指摘しようとさえ思わないと思います。めんどくさいし。クソ人間がクソのまま居ても、どうでも良いし、と考えると思います。そんな中、僕の悪い点を指摘してくれた方は、恩人過ぎるわけです。

コミュ力不足というのは、とても厄介な問題だと思います。数学の試験なら、ここが分かってないという点が明確に示されますが、コミュニケーションにおいては、出来てない点を細かく指摘してくれる試験は学校に用意されていません。成績にも出ません。よって、出来てない所がある場合、誰かから教えて貰うか、頑張って自分で気がつくかしかないと思います。でも多分自分だけではムリです。

俺は多分、まだ何も”分かっていない”です。でも”分かる”ようになるまで、今後も反省を続けていきたいのです。

まあ、こんなことを落選をきっかけに考えてました。

皆さん、就活における落選が怖いのは、試験の落選と違って、落とされた理由が基本的に分からないことだと僕は思います。これはどういうことか。落とされた理由を知らないまま、自分の欠点を抱えたまま、ただ過ぎて行く可能性が高いということです。聞ける機会がもし有ったら、なぜ落ちたのか、理由を聞くと良いと思います。本当の事を喋ってくれるか分かりません。相手は言うにしても、何重にもオブラートに包んで話す可能性があります。その意味を”最大限に悪く捉え”、受け入れることが重要だと思うのです。

また、本当の理由を言ってきていないな、と感じた場合は、本当の理由が言えないものであると察して、さらに問い詰めず、自分で類推することが重要かと思います。

さ、ここまで読んだ為末大学マニアの方は勘付くかもしれませんが、以上の考えは為末大学の「気づきを考える」というブログの意見を大変参考にしています。良かったら読んでみて下さい。

長くなりました。最後に、陸上部への多大な感謝を申し上げたいです。東工大陸上部の部員の皆様は、僕の悪い点を死ぬほど指摘してくれました。その指摘は、パワーの消費する行動だったと思います。本当にありがとうございます。お陰様で、何となく自分の性格や価値観が少しずつ改善されていっている様に思います。まだまだ未熟ですが、今後も僕の悪い点を見つけましたら、ご遠慮なく指摘して下さると嬉しいです。引き続きよろしくお願いいたします。

さて次回は、練習に来たB4以上の誰かになると思います。お願いします。

« 2年ぶり@宮路 | トップページ | 4年間ありがとうございました!@齋藤 »

無料ブログはココログ