« 部との向き合い方を考える@牧野 | トップページ | おかえり!@太星 »

2021年10月16日 (土)

復活@札内

お久しぶりです。ご紹介に与りました、最近復活したB2の札内です。要するに復活の「F」です。忘れられているかもしれないので軽く自己紹介。白いメガネでピンク色多めの金髪道産子スプリンターです。好きな食べ物は変わらずプリンです。よろしくお願いします。今日の僕のブログは少し長いかもしれませんが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

10月16日(土)の練習は大学で坂ダッシュ(急坂30m×4×2)、芝生ながし(50~60m×1)、メディシンボール投げ(3kg前×10、後×10)、ハードルジャンプ(女子100mHの高さ)でした。僕は脚の調子があまり良くない(厳密には痛くないが無理をするとすぐ痛める)ので、出力を落とし本数を減らしました。ですが感覚はとても良く、来週にはスパイクで走れるかと思います(くれぐれも調子に乗らないように気をつけます)。

 

早速ですが、伝えたいことがあります。僕はまたこうして部に戻ってこれました。先輩や同期にはとても迷惑をかけました。そして感謝してもしきれないほど助けて頂きました。この場を借りて改めて伝えます。本当にありがとう。僕はこの恩を必ず返していきたいと思います。そして、より一層仲間を大切にすることを神と己に誓います。

 

空白の5ヶ月間、何をしていたか。ざっくり言うと治療と修行です。最初の1ヶ月半ほどは心身ともにボロボロだったので治療に専念していました。何もしていません。ただ、何もしないことが必要でした。その後は精神的に回復し、太ももの断裂も治ったので、7月中旬頃からただひたすら孤高に走っていました。"俺は必ず強くなる"この揺るぎない意志が独りでも脚を動かす原動力となりました。流石に数ヶ月ではフルパワーまでには戻りませんでしたが、手応えは十分あります。

 

今後は徐々に力を戻し、まずは高一で出した100mの自己ベストを更新したいと思います。そして4継・マイル・個人で関カレ出場、後には全カレ出場、東工大記録の更新も本気で視野に入れています。ですが、長い目でしっかりと段階を踏むことが重要。特に4継・マイルは自分がどこを走るか、自分がレースの中でどのような役割を果たせるかをしっかり考えたいと思います。また、いよいよ僕らの代が部の主体となるときが来ました。もちろん僕も何かしらの役職に就くと思います。周りからはメンタル面での心配の声はありますが、僕は部のために全力を尽くすつもりです。

 

堅苦しい話ばかりだったのでここで少し余談を。僕が精神的に回復出来たのは「周りの支え」そしてもう1つは「ときめき」です。僕は超ときめき宣伝部(スターダストプロモーションのアイドルグループ)の大ファンです。最近はTikTokで「すきっ!」が流行っていますね。この曲はかなり前の曲ですがスポットライトを当てていただきファンの僕も嬉しみの極みです。彼女らの曲はとても勇気づけてくれます。精神的に辛いとき、そして真夜中や早朝に独り寂しく練習する日々を支えてくれたのは推しでした。推しの日々の頑張りに心打たれ、ときめきのおかげで力がみなぎりました。是非みなさんも一度「超ときめき宣伝部」を検索してみてください。きっとみなさんの日々もときめきで溢れます。

 

(少し話がそれましたが、部の話に戻すと)僕は再び部に戻ることが出来て嬉しいです。そして1人の部員としてまた部に貢献したいと思っています。4継・マイル・部の役職。いずれにせよ、俺は俺の責務を全うする...!!!

次は太星、よろしくお願いします!

« 部との向き合い方を考える@牧野 | トップページ | おかえり!@太星 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ