« こんにちは、はじめまして@平田 | トップページ | 近藤さんお疲れ様でした。@舘入 »

2021年9月24日 (金)

とりあえず1つの区切りになりました。 B3近藤

こんにちは。B3の近藤です。ようやく活動再開許可がおりて、久しぶりの短距離ブログの更新になりましたね。久しぶりのの自主合練ですが、少ない人数ですが済美山に集まって150のテンポ走×3×2を行いました。私はこの夏休み、色々あってほとんど走れていなかったので久しぶりの競技場だったので、全部はやらずに軽めに走って終わりました。何だかんだ走るとやっぱり気持ちが良いですね。

さて、例年なら本来27大があってそこで短チーフ交代になるわけですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、27大がなくなってしまったので、何だかふわっとチーフ交代になってしまいました。まあ何だかんだ1年間やりきったので少し、お気持ち表明でもするか~ってなってこのブログを書いています。長くなる&割合ネガティブな文章になるかもしれないので適当に読み飛ばしてください。

そもそも何で陸上を始めたみたいな事から話します。私は元々小中9年間野球をやってました。とはいえ野球をそこまで好きになれず、向いてもなかったのであまり熱心に取り組めていませんでした。しかも何を血迷ったのか甲子園に同期が複数人出場しているような名門チームに入ってしまい、基本的にベンチにすら入れずにぼけーっと球拾いとかをして過ごしていました。そんな中で唯一走ることだけはそのメンバーでもトップ数人に入れて、どうやら自分の適性は陸上にあるらしいと思い、高校から陸上を始めました。まあその考えはそんなに間違えてなかったみたいで、割と苦労することなく10秒台までは出せました。ただ、今まで人より秀でたものがほとんどなかったのが、急に陸上という人よりも秀でた物が出来た事で私は完全に慢心してしまい、そこから対してタイムを伸ばすことが出来ませんでした。その結果不本意な形での高校陸上の引退を迎えてしまいました。あまりに悲惨だったので陸上をやめようとも思ったのですが、未練がましいもので、結局大学でリベンジをしようと思い東工大陸上部に入りました。

そんなこんなで始まった大学陸上ですが、最初はモチベもあってかなり練習量もこなしていて、高校時代の良いときの走りに一瞬(練習だけですけど)戻ったりしたのですが、結局持病の腰痛に苦しめられたり、定期的に体調を崩したり、大学で出会った数学が想像以上に面白く、数学に多くの時間を割いたりしているうちに、また全く走れなくなってしまいました。

正直、そんな中での大学陸上はしんどかったです。自分のアイデンティティの1つだった陸上でここまで上手くいかないことだらけになるとは思いませんでした。タイムは高1の自分以下、またチーフになったにもかかわらず練習に参加できる日が少なく、こんなチーフに誰がついてくるの?って日々自問自答していました。(そんな中で、何だかんだ最後まで支えてくれたみなさんには感謝の気持ちしかありません。ありがとうございます。)

そんなこんなで色々あった陸上生活でしたが、ここで競技者としての陸上人生は1度終止符を打ちたいと思います。不思議なもので上手くいったこと、ベストの走りをしたときの嬉しさといったものよりも、ダメだった走りとか上手くいかなかったことばかり記憶に残ってるんですよね。ただそれも一概に悪いとは思わなくて自分の慢心癖に効く良い薬になっています。

これからは主に数学を頑張るつもりなんですけど数学をするにも体力が必要なので定期的な運動(週1,2回程度?)はしようかなと思います。なので部活にもそのくらいの頻度で顔を出すつもりです。某先輩曰く、健康陸上はB4以降続かないらしいですけどまあこの出来る限り顔を出したいですね。

また、自分の失敗とか上手くいかなかった事を後輩達に伝えて、少しでも支えられたらと思っています。それがダメダメだったチーフについてきてくれた方々への恩返しになるかな?と思うので。

ここまで読んでくれた方(存在すれば)ありがとうございます。次回は新チーフの舘入にお願いします。

« こんにちは、はじめまして@平田 | トップページ | 近藤さんお疲れ様でした。@舘入 »

無料ブログはココログ