« QOL爆上げ中@前田義久 | トップページ | 今ちょっとだけ、ルンルン気分です@齋藤 »

2019年10月 4日 (金)

大学生ジャンパー@島貫


みなさんこんにちはこんばんははじめましての人ははじめまして、B2の島貫です。忙しさと充実さって比例するんですかね。僕は負の相関があるとまで思ってます。


今こうしてブログを書いているのですが、さっきまで化学実験をしていました。前回の実験で作った試料を使って、また実験をするというものでしたが、その試料を実験台の上にこぼしてしまいました。スポイトで試料を微量ながらも集め、そこから実験を再開したのですが、結局目的物は作ることができず、記録はNM。ガン萎えしてます。しかし、そのおかげか、最近陸上のモチベが相対的に上がっている気がします。


さて、水曜日のは跳躍は学校、短距離投擲は織田での練習でした。


GC10月とは思えないくらい暑い

PC)元気モリモリ


メニューは、ハードルドリルとバウンディングをしたあと跳躍練して最後に補強という感じです。短距離パートチーフが世代交代して新チーフが活躍する裏で、跳躍パートチーフも代わり新チーフの色が出たような練習でした。自分は体も硬けりゃ動きも硬く、ハードルドリルはなかなかうまくできませんでした。


僕は感覚だけで練習をしてしまいがちで、あまり考えて練習はしてませんでした。フリー練では、基本的に走って跳ぶということしかせず、こういったドリルとかはほとんどすることはありません。しかし、こうして動き系の練習をしてみると、自分は腕と動きが連動してないということに気づけました。これからは幹部になるわけですし、与えられたメニューをこなすだけでなく、これを機にもう少し考えて陸上をしようと思います。そして、いずれは某大学生スプリンターのように自分だけのジャンプを見つけて、名前を付けてみるというのもいいかもしれません。


このブログでも何回か触れましたが、27大も終わり短距離フィールドは新しいチーフになりました。つまり、冬季期練がもう目の前に迫っています。冬期練、それはとても辛く過酷なもの。しかし、それを乗り越えた先に強い自分へと成長できるのです。



そのためにも冬期開始前に、今の現状を自分に問う機会を設けてみてはいかがでしょうか。




次は斎藤さんで

« QOL爆上げ中@前田義久 | トップページ | 今ちょっとだけ、ルンルン気分です@齋藤 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ