« 27大2日目@阿部 | トップページ | 思いっきり走る方が楽しい@長谷川 »

2019年9月24日 (火)

27大最終日@宍倉

こんばんは、B2の宍倉です。今日は今シーズン対抗戦最後の日ということで、特に今まで対抗戦に縁もゆかりもない僕が少し述べさせて頂きます。



対抗戦3日目(9月24日(火))の短距離の主な結果は、


真田さん100m 10"71 7


マイル3'16"11 4


総合3位!


でした。



レベルの高い人も多い中で、これだけの成績を残せる東工大はやはりすごいなと思いました。昨シーズンで対抗戦の主要選手であった先輩方の引退で、不安もありましたが、今年も昨シーズンに負けないくらい、善戦ができていたように感じます。今シーズンの対抗戦は、やはり院メンバーの力は大きい中で、着々と力をつけてきた学部の選手も目立ってきたという印象です。



そんな周りの雰囲気に影響されてか、僕もPBを出したい欲が最近上がっていました。一時は、27大の100mオープンですら出場することが危ぶまれた中、なんとかビリでエントリーし、無事下克上を果たしました!(笑)結果としてはPBには届かずでしたが、今シーズン中でのPB更新は現実味が帯びてきました。



今日の走りについては、夏合宿で課題にしていたピッチの遅さと無理したストライドはまだ完全にではないものの少しは改善されたように感じました。ただ、後半のピッチが遅くなってしまったことと、ももの上げ具合が微妙でした。これらに関しては筋力面も重要になってくるので、筋力も上げていきたいです。



いずれにせよ、今日の100メートル走は、足の痛みが何にもない状態で走れた今シーズン初めての正式タイムだったと思うので、とても気持ちよく走れました!やはり怪我に気をつけるというのは陸上においてとても重要なことだと実感した次第です。



さて、幹部が終わった後に陸上を続けるかというのは置いておいて、大学での陸上の大きな区切りというものはあと一年ということになります。逆にその後続けるかどうかというのはこの一年の伸びしろにかかっているといってもいいのですが、やはりそれまでに一回は対校選手になりたいという気持ちはあります。東工大陸上部の一員としてチームへの貢献の仕方というのはいろいろあるでしょうが、対校選手として1点でもいいから点数を取りたいというのは誰しもが少なからず思っていることではないでしょうか?



周りに良いライバルがいるからこそ、日々の練習の中での11回の「勝った」「負けた」というやりとりが、モチベの維持に繋がり、強くなるために必要だと思います。例え相手が10割の力を出してないとしても、勝ちは勝ちなのです。勝ちにこだわる姿勢をこの1年間貫きたいです。



とりあえず今日で今シーズンの種目は終了という形になりますが、目標タイムを達成していい感じに締めくくれた人もいる一方で、僕みたいにまだ納得できない人もいると思いますが、各々自分の競技を振り返って来年に活かせるように冬練頑張っていきましょう。


っていうよくある締め方で今回は終わりたいと思います。



次は風速を測るのが大好きな長谷川君お願いします!

« 27大2日目@阿部 | トップページ | 思いっきり走る方が楽しい@長谷川 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ