« お元気ですか?@田口り | トップページ | これからのビジョン@宍倉 »

2019年3月13日 (水)

かんじはいだいだ@たなか

こんにちは。もうすぐびー2になるたなかです。きょうのめにゅーは
たんたんが
60×3
100×3
150×2
たんちょうが
250×3
でした。
ちょうやくぱーとのぼくは、たんたんにまざってそうれんをしました。ふゆれんでそこそこのきょりをはしるのになれたのか、いっぽんいっぽんのなかで、すぴーどにめりはりをつけてはしれるようになってきました。これからはじまるしーずんのなかで、とくにじょそうで、いかせればいいなとおもってます。ほかのちょうやくのひとたちものきなみそうりょくがあがっているようなので、どれくらいきろくがのびるのかたのしみです。
さて、そろそろしんかんがほんかくてきになり、どういったしんにゅうせいがはいるのかたのしみにしつつ、おそれおののいてもいます。というのも、げんざいのちょうやくぱーとのめんばーがもつきろくをはるかにしのぐきろくをもついちねんせいがにゅうぶしてくるかのうせいがあり、へたしたらぜんいんがたいこうせんにでられなくなるかもしれないからです。ぶとしてつよくなっていくのはうれしいのですが、せっかくたいかいにでるのなら、たいこうせんしゅとしてでたいですよね。そのためにも、ひびのれんしゅうをだいじにし、しんにゅうせいにまけないように、きろくをのばしていきたいです。
ところで、ここまですうじいがいはおーるひらがなというぶろぐをかいてみました。よみづらいですよね。なぜこんなことをしてみたかというと、いまよんでいるほんが、いっぱんのしょうせつではひらがなでかかれているようなところもかんじでかかれているようなほんで、ぎゃくにかんじでかかれているところがひらがなでかかれていたら、かんじになおすことがむずかしいのではないかとおもったからです。さいきんはかんじをかくことよりもへんかんすることがおおく、このままではかんじをかけなくなってしまうのではないかとおもい、かんじのたいせつさをさいにんしきするためにも、かんじへんかんをしないでかいてみました。どうおんいじとかもあるので、かんじがないとなにをかいているのかもわかりづらいです。こうかんがえると、かんじっていだいなんですね。ひまなひとがいれば、このぶろぐのかんじでかけるところをぜんぶなおしてみてください。たぶんひゃっこいじょうありますが。それに、ひらがなでかくとものすごくぶろぐをかいてるかんもえんしゅつできますね。でも、ここまでよもうとしたひとはほとんどいないんでしょうね。つぎかくときは、おーるひらがなはやめにします。
つぎのぶろぐのたんとうですが、いちねんせいはのこすところあとさんにんとなりました。しかし、そのうちふたりがきょうのぶかつをやすんでいたので、そうなるときょうきていたしかないしかないかな。しかないは、ぜったいにじぶんにはまわってこないとおもっているそうですが、こういうじょうきょうなのでしかたないけどしかないにまわすしかない。

« お元気ですか?@田口り | トップページ | これからのビジョン@宍倉 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ