« また来年@尾川 | トップページ | いよいよ対校戦@横山 »

2018年5月 9日 (水)

楽しむ@櫛田

こんばんは。
B3の櫛田です。
尾川君から紹介を受けたように、僕も神奈川県選手権や関東インカレの標準を突破することを目標に記録会に出場しましたが、その狙いを達成することはできませんでした。
実力・メンタル・努力のどれをとっても足りないものばかりだと実感することができました。
尾川君が言っていたように急に差し迫る期限がなくなったので、のびのびと陸上ができるようになりました。これを機に、小手先の技術を身に付けて、目先の記録を伸ばすのではなく、根本から技術の向上を図ろうと思います。

さて、5月7日(月)の練習メニューは

FREE

でした。
いつも通りですね(笑)
記録会ラッシュの後ということもあって、アクティブレストにしている人が多かったように思えました。
僕は午前練では走り(流し)とスキップの動きの中で”乗せる”練習をしました。これは、走高跳の助走の後半でキックが弱く、チョコチョコ接地するだけになっているのを改善するためにこれから行っていく練習のうちの一つです。

また、空きコマである2限を使って、トレーニングセンターに行きウエイトトレーニングを行いました。試合の次の日でしたが、疲労はあまりなかったのでガッツリウエイトトレーニングをしました。

午後練では、雨が降っていて外で助走練習ができなかったため、再びトレーニングセンターに行き、2限でできなかった、スクワットと、受付前のフリースペースを使い、踏切ドリル(キック意識ver.)を行いました。
やはり、踏切の2歩前、3歩前あたりから、キックが無になり、チョコチョコしてしまいました。水曜日に助走練習をするときに少しでもこの現象を改善できればいいと思います。ただ、踏切自体の感覚はとても良かったです。

自分の練習の反省をダラダラと書いてしまい申し訳ございません。

それでは、話題を変え、今週末の5月13日(日)に織田フィールドで行われる、東京農工大学との対校戦についての話をしたいと思います。

跳躍パートには、今年度1年生が3人加わりました。新体制になってから初めての対校戦です。走高跳・走幅跳・三段跳にはそれぞれ2人の対校選手を送り込みます。戦力分析を行ったところ、30点(跳躍種目のみ)中得点できる見込みは13.5点でした。しかし、これをひっくり返し、15点以上もぎ取ることを目標とします。2年生以上は勢いや雰囲気を作って、1点でも多くの点数を獲得することを目指します。1年生はまず、跳ぶことを楽しむこと。また、その中で、跳躍や試合の感覚を呼び戻すことを目標とします。

トラック種目の合間でも構わないので、フィールド種目の応援もしていただけると、力になると思うので、応援お願いいたします。

とにかく、勝ち負けにこだわりつつも、陸上という素晴らしい競技を素晴らしい仲間としましょう。そして、素晴らしい思い出をつくりましょう。言いたかったのはそれだけです。

はい。ということで、長くなってしまいましたが、今回はこの辺で失礼いたします。
次は、短距離パートの抱負でも語ってもらいましょう。横山君お願いします。

« また来年@尾川 | トップページ | いよいよ対校戦@横山 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ