« 続けて練習するからこそ@田口 | トップページ | 復帰@中嶋 »

2017年8月 4日 (金)

自分@森実

こんばんは。B2の森実です。ほかの大学は多くが夏休みに突入しているなか、東工大は未だに試験期間で頭が痛いです。

早いもので気づけば8月ですね。ということで8/2水曜日の練習についてです。テストとか諸々で1年生、4年生、そして修士の方々もおらず、ほぼ23年という稀に見る少人数でした。週末の記録会に向けて調整する人もいて、メニューの回転率が早くいつもより1時間近く早く終わりました。そんなこの日のメニューは250×3でした。僕は3週間ほど前から原因不明の左足首の痛みを患い、走りませんでした。ビデオを撮っていたのであまり分からなかったですが、短チーフ曰く、最近ロングの強さに定評のある横山君はなかなか良かったそうです。その他の人は微妙との事でした。僕も早く走れるようになりたいのですが、色々あって合宿の直前に練習開始みたいになりそうで、合宿がかなり心配です。

国公立でベストに近いタイムを出してからというもの、日体大、そしてこの前の渋谷区と全然いい走りができていません。国公立の時は自主練積んで、調子を合わせて、周りに見る人もいて程よい緊張感の中走れて、今思うとかなりいい環境下で走れたレースだったなと思います。そこで二つほど気づいたことがあります。一つは僕はやはり練習を積まないとダメな人間だということです。というより、大抵の人はそうなのではないかと思います。タダでさえ走りの軸が大学に入ってから定まっていないので、少ない練習量では本番の緊張下でいつも通り、ましてやいつも以上のパフォーマンスなどできないですね。それから二つ目は緊張感の必要性です。僕はひどく緊張しやすい人間なので緊張のない状況で走った方がパワーが出せると思っていましたが、実際は程よく緊張していた方がいいことに気づきました。対抗戦で多くの人に見られている中走ったり、同じレーンに東工大がいてもいい緊張感が生まれました。ただ、隣にいるのだけはやはりやめて欲しかったです。隣に山崎がいた渋谷区は過剰に緊張してしまいました。

そんなこんなで自分がどういう選手かが少し分かってきたこの頃ですが、やはり走れないのはもどかしく、焦りを覚えます。原因不明の痛みというのは本当にタチが悪いです。体の構造とか、走り方とか、何かしら原因はあるはずなのですが、それはおそらく無意識下に行われてきたことで気づいたり治すのが難しく、こんなことになっているのだと思います。とりあえず色々解決策を試してみるしかないですね。合宿までには治します。

余談ですが、最近くまったくんのぬいぐるみがUFOキャッチャーに登場して、この前やって来ました。UFOキャッチャーを本気でやったのは初めてでしたが、2,500円で目当てのぬいぐるみとキーボードをゲット出来て良かったです。

では、短いですがこの辺にしておきます。

« 続けて練習するからこそ@田口 | トップページ | 復帰@中嶋 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ