« 考え方@福井 | トップページ | 中3の横山 »

2017年7月23日 (日)

モチベーション@尾川

こんにちは、B2の尾川です。福井くんに言われたあと気づきましたが、僕が国公立の100m決勝で10秒台出してからもう1ヶ月経ってしまったみたいです。時の流れは早いですね。

彼が言ってくれたとおり、国公立・13大の連戦を終えた後から、魂が抜けたように調子を崩してしまいまして......笑。好調を維持することはなかなか難しいことですし、何より最高出力をポンポン発揮し続けたら怪我待ったなしだなとも思っていたので、13大が終わったらわざと一度調子を下げて、三工大戦で少し上げて、26大でMAXまで持っていく方針を立てていました。そして調子おとし目にしてる期間で、今まで技術的に確かめられなかったことを確かめようっていう計画でしたが、試してみたことがことごとくハズレてしまいまして、結局普段はしっかり出来ている動きも崩れてしまった......という次第です💦。あと最近の熱帯夜で夏バテ軽い熱中症等々になってしまったのも魂の抜けを加速させてしまったんだと思います笑。そろそろ一度調子を上げないといけないですが、10秒台を出した国公立の一週間前も今並に悪い状態ではあったので、すんなり戻ってくれると信じています。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
みなさんは目標を立ててそれに向かっていく際、何をモチベーションにして達成のために頑張っていますか?色々な回答が出てくると思いますが、大まかに2つに区切ることが出来ると思います。例えとして世界のトップスプリンターを使わせてもらいますが、1つは、「誰よりも速く走れるようになる」、「世界で一番になる」といったような「どうなりたいか」という目標。もう1つは、「世界中の人のヒーローでありたい」、「世界中の人に認めてもらいたい」といった「どうありたいか」という目標です。別の表現だと Can か Be かという感じですかね。なんとなくでもいいので理解していただけると幸いです。どちらもいい目標だと思いますが、それぞれに長所短所があるんじゃないかと最近感じています。Can の方は長期間モチベーションの維持が難しいものの、達成したあと次の目標への切り替えがしやすい。逆に Be の方は、自分を突き動かす強い原動力になりますが、それが成し遂げられたとき、次の目標への切り替えがなかなかやりにくい。どちらもいい所もあり、悪いところもありだと思います。僕はあまり自覚はありませんでしたが、これまでの目標が後者の方だったみたいで、それが10秒台出したことで達成され、13大の後の調子の落ちをさらに加速させてしまったのかなって思います。もう次の目標は見つけられたので安心してください笑。
このネタを書く前に少し検索してみたところ、「どうありたいか」の方を推す人が多い印象でしたが、僕は「どうありたいか」が一流で、「どうなりたいか」が二流だとは思いません。自分の性格、メンタルの特性をしっかり理解してそれに合うような目標の立て方、モチベーションの維持の仕方を検討できる人が一流なんじゃないかな、って思います。
陸上だけでなく、色々なものがメンタルゲーになるところが多いと思うので参考にしていただけるとありがたいです。

最後に練習メニューです。土曜は、短短が(10+60)×2.100×2、短長が300×3でした。渋谷区、NSSUオープンが近いこともあってか、皆高いパフォーマンスが出来ていたように見えました。この時期が一番ケガしやすいと思うので気をつけましょう。僕自身を調子を上げ直すきっかけ作りをしっかりと出来たのでよかったです。

長々と失礼しました。次は弟の活躍に胸が高鳴っている横山、よろしく。

« 考え方@福井 | トップページ | 中3の横山 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ