« 主観と客観@福井 | トップページ | 冬に向けて...@岩井 »

2016年11月19日 (土)

短チーフとしての幕開け@益田

こんばんは。お久しぶりです!
現短距離パートチーフのB2益田です。



冬練という大きな飛躍の時期、来シーズンに向けた1年が今日から本格的に始まりましたね。長い期間お休みさせていただいていた短ブログも今日から週3回合同練習内容に絡めて再開していこうと思っています!よろしくお願いします!!!(๑˃̵ᴗ˂̵)


いやぁ、時が経つのは早いもので、26大を境に短距離パートチーフ中嶋さんからが僕に代わって、気付けばもう2ヶ月。冬練直前にしてやっと僕なりの短チーフとしての確固たる軸のようなものがやっと出来てきたような気がします。先日おこなった大々的なミーティング等々も時折開催してパート内で知識の交換等々刺激し合ってパートとして強くなれるといいなぁと思っている今日この頃です。


冬練1発目の合同練習メニューはコントロールテストにしました。例年おこなっている身体の基礎能力を測るテストですね。今年は僕の考えで、「メディシンボール前後,立幅跳,立五段,垂直跳,ベンチプレス,クリーン,パワーマックス無酸素パワーテスト」の7種目をおこないました。生憎の雨でしたが、去年の秋、今年の春のCTも雨だったのでもう「CTの日は絶対に雨説」が半ば立証されているので仕方がないことでしょう(´;ω;`)ウウ・・・


僕の結果というと、全7種目の中で、垂直跳、立幅跳、立五段の3種目を除けば春より伸びているというまぁまぁいい結果でした。立五段は滑ったり、原因不明の膝ゆるゆる現象が起きてまともに跳べなかったので、多分しっかりやれば伸びてはいるんでしょう。
特に良かった点としては、夏明けくらいから週2で行なっているウェイトトレーニングのおかげか、ベンチ80kg,クリーン90kgが上がり大幅にPBが出たことですかね。56kgのミニマム級としてはなかなか極まってきたかなって感じです。なんかまだいけそうなのでとりあえず今年の冬はクリーン100kgを目指してやりたいと思います。ベンチはもういいかなぁ…
悪かった点としては、ウェイトできるのにMBが全然投げられないことですね。筋力があってもそれを球に出力する方法がまだ掴めていないのが最もダメなところですね。しっかり飛ばす先輩方に聞いたところ前投げの感覚と立幅跳の感覚は似ているらしいので、自分の持っている力をしっかり地面に伝える&貰うという感覚、コツのようなものを一冬かけて見つけたいと思います。
来春のCT全種目で猛威を振るうのが楽しみです(๑˃̵ᴗ˂̵)




少し長くはなりますが、ここからはチーフになってからしっかりまとまった僕の大学陸上における練習についての考えを少し書きたいと思います。僕は結構頭がおかしいので極端になりがちです。軽く読んでください。



先日おこなわれたミーティングで、個人個人が来シーズンのキラキラした目標とともに「冬練頑張るぞ!!体幹強化だ!坂ダッシュを頑張る!ウェイトしてムキムキになる!チーフの出すメニューをしっかりこなす!」と意気込んでいる人がたくさんいてとてもいいと思いました。が、一方僕は抽象的なものが多く、実際に実行する内容が理解できているのだろうかとも思っていました。

大学の陸上部は中学高校時代の陸上部とは大きく異なっていると僕は思います。なにも考えずにいれば、週3回(1回はFree)の合同練習でチーフの出したメニューを部員のみんなとこなして行く。数こそ少ないですが根本的には変わりません。しかし、東工大短距離パートの状況を真剣に考えると、優秀な顧問コーチの言うことを聞いて、ほぼ毎日考え抜かれたメニューをこなし、ある程度十分な練習量、疲労抜きが約束されいた環境も時間も無く、またとりあえずこなしていれば速くなるというレベルの練習量も合同練習だけでは積めることはないでしょう。

なにが言いたいかと言いますと、大学陸上では怖いくらい能動的に陸上を楽しんでほしいということです!(๑˃̵ᴗ˂̵)
せっかく勉学も非常に楽しく忙しい大学生活の中で、陸上競技という青春を続けようと思うのであれば、中途半端なことはしない方がいいと思うのです。
極端に言えば、チーフが出すメニュー、他の陸上部員は利用するものであり、自分が速く走るためにはどうすればいいのかという事をしっかりと自分の身体と向き合って考え、実行に移す。考える段階で知識、経験が足りないと思ったら他の部員に積極的に聞いてみる。観察して盗む。また、心配なのであれば実行する前に内容をみせてアドバイスをもらう。
コミュ障だらけの東工大生だからかわかりませんが、こういう動きが乏しいのではないかと思います。
自己発信の機会が用意されている場合はしっかりと有効活用すべきだと思います。ある程度の制約のかかる陸上「部」に所属するメリットを考えて有効に活用してほしいですね。チーフなってみんなに強くなってほしいと強く思うようになってからは活用できていない人たちに対して毎日もどかしく思っています(笑)



自己管理という点で、1つ強くオススメしたいのは、「練習日誌を書こう!」ということですね。当たり前のことですね。僕のオススメ項目を紹介すると「その日やった練習メニュー、その練習で感じたこと、新しい発見、その日の疲労度(膝ロック度数、バネバネレベル、筋肉痛)」ですね。これがしっかり積み上がってくると、読み返した時に忘れていた些細な発見にも気付けますし、どういうメニューを立てればどこに疲労がきて、そのあと何日間は〜系のメニューは出来ないな。だから別の〜系をやろう。合同練習トラックでしっかりスピードを出したい時、膝ロック度数、バネバネレベルを調整する様に自主練を組んだりできる様になります。まぁ、そんなに綺麗に行くことはありませんが自分の身体を理論的に理解し、合同練習の間に自分にあった自主練を組み込んで行くのがスマートかなぁと僕は思ってやっています。
今年の冬は新しい事を取り入れようと思うので僕も1からデータをコツコツ集めようと思います╰(*´︶`*)╯


んーー今回はこれくらいにしましょうか…
大きなお世話だ!って感じる部員も少なからずいるとは思いますが、僕は東工大陸上部短距離パート全員を最大限速く走れる様にしたいので、熱くやっていこうと思います
前々チーフ、前チーフとは毛色が違いますが、これから一年頑張るのでよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)


では、次回は、熱狂的な信者を複数抱える肉体が崩壊しそうなメニュー【ハード練】考案者。頼れるエース現主将。「究極の平和主義ロリコン野郎りっきー」に書いていただくことにします。ではではー

« 主観と客観@福井 | トップページ | 冬に向けて...@岩井 »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ