« 今年の振り返りとOB戦を少々 | トップページ | 11/29(sun) 個人言語について(+今季の反省など) »

2015年11月27日 (金)

自己紹介と今シーズンの反省

B4宮田です。

400mを中心にやっています。なんでそんな辛い距離やってるのとよく聞かれるので、なぜ私が陸上、ひいては400mばかりやるようになったのかといういきさつを少し書きたいと思います。長いので興味ない人はとばしてください。

時代は小学校時代までさかのぼります。私の小学校では短距離走クラス上位2人が「リレーの選手」として運動会でリレーを走ることができました。小学校は足が速ければ人気者になれるという社会だったので、それはもうみんな頑張ってそのリレーの選手を目指していました。

そんな中、私は運よく小学2年生の時以外リレーの選手に選ばれることができ、みんなの声援を浴びながらリレーを走ることができていました。

そのころから中学高校では陸上部に入ろうかな~と漠然と考えるようになっていました。

が、中学校に入学すると私は悲しい現実と向き合うことになります。その中学校には陸上部が無かったのです。中学生の私は非常に焦りました。陸上部以外の部活を考えていなかったので、私は特にやりたいこともないまま友達に誘われて卓球部に入部する事になります。始めは全然興味のなかった卓球ですが、レギュラーに選ばれるとだんだん楽しくなってきて、年始の三が日とお盆以外休みの無かった(基本週7)今考えるとわけのわからない練習を必死にこなしていました。今となってはいい思い出です。

そして上京して高校に入学します。(小中学校時代は札幌) その高校には卓球部が無かったので、今度こそということで念願の陸上部入部を果たします。昔から短い距離が好きだったので短距離に所属し、高1の最初の大会で100m13"7という今からすれば考えられない様なタイムをたたき出し私の陸上部人生は始まりました。

そこからは順調に100、200のタイムが伸びていきましたが、やはり高校時代のフォームもそこまで考えずに走りこみまくるという練習では限界が来てしまい、100m11"7、200m23"3あたりで停滞期を迎えてしまいます。 そんな中メンバー不足でたまたま走ったマイルでラップ53"あたりで走り、宮田意外と400もいけるんじゃないか?ということで先輩にやらされるようになったのが400mを始めたきっかけです。100200はすぐ終わってしまうのに対し400は長い分駆け引きがたくさんあって楽しくなってしまい、そして高校最後の引退試合でベストを出してしまいまだやめられないなということで、いまだに大学の陸上部で走り続けているという次第です。

長くなりました。以上です。読んでいただいた方駄文にお付き合いいただきありがとうございました。研究の都合で11/25の練習に行けず反省が書けなかったので、その代わりにという感じで書かせてもらいました。

はい、今シーズンの反省をまとめます。足達みたいに月別でまとめたいと思います。

目標:PB更新、対校マイルを走り続ける

2月~3月:ウエイトを中心に順調に冬練を積む。春合宿もまぁ納得の結果。

4月~6月:冬練の疲れ&研究室所属で思う様に練習できなかったが関カレマイルでラップベスト更新、国公立で個人ベスト更新。めっちゃ調子よい。

7月:13大マイル。展開はミスったが走りの感覚は相変わらず良い。

8月:スピードに足が耐えられず怪我

9月~10月:理工系でのともやの49秒台、マイルの表彰台を応援席から見る。25大マイル決勝やっぱかっこいいな~。相変わらず走れず。

といった感じでした。

前半は非常に良かったが後半に力尽きた形になってしまいました。 ただ今は走れているので冬練頑張ります。今のところの課題としては、この間流しのビデオを見て思ったのですが、走るときに脚の接地位置が重心の真下より前になってしまっていて、それに伴う脚の接地時間の無駄な延びが見られるのでそこの改善が急務かなと考えています。そのために骨盤の前傾による重心の前方への移動と、接地の瞬間だけに力を地面に伝え接地時間を短くする事をまずは意識していきたいと思います。永島主将のフォーム研究会やるなら声かけてください。是非行きたいです。

これだけ充実した短距離メンバーで迎える冬練はこれまでになかったので、これからどんな練習ができるか非常に楽しみです。みんなで冬練がんばりましょう。

以上です。長々と長文失礼しました。 次は米川お願いします。

« 今年の振り返りとOB戦を少々 | トップページ | 11/29(sun) 個人言語について(+今季の反省など) »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ