« 今シーズンの振り返り その2 | トップページ | 今シーズン »

2015年10月20日 (火)

15.10.19 の話

B3小林拓己です。

月曜日の集合から新たな幹部学年の体制がスタートしました
先日の意気込みを形にしていくべく、存分に頑張っていただきたいと思います

今回の内容ですが、練習日誌とシーズン反省と今後の方針少しを混ぜて書いてあります
行ったり来たりします


…まずは10/19(月)の練習
フリー練習だったので個人的な話になりますが、朝に立五段とミニハードル、放課後に補強を行いました
立五段は8月上旬まで真剣に取り組んでました。最近はご無沙汰でしたがリハビリ中です。この話は後ほど
ミニハーは今まで全くやってこなかった練習ですが、最近は割と頻繁にやっております。この話も後ほど
補強はおまけです


…ここで今シーズンの反省に入ります

ざっくり言うと
2015関東インカレ前は2015関東インカレのために練習してきました
2015関東インカレ後は2016関東インカレと2016日本インカレのために練習してきました

ちょっと詳しく
2015関東インカレは2m00で記録を安定させて挑んだ結果、入賞出来ず。
来年の入賞ラインは2m06だと踏んで、2016関東インカレで確実に2m06を跳ぶことにこだわって練習して行こうと決めました
2016日本インカレに出たいという思いもあり、日本インカレB標準も視野に入れて練習してきました
"目標記録めがけて練習をする"ということを考え始めたのは学部1年の冬ですが、強烈に意識し始めたのは2015関東インカレ後です

そして今シーズン、目標記録めがけてやったことは大きくわけて
① 基礎体力の数値を目標記録レベルに引き上げること
② 目標記録のために跳躍練習で決めた高さを跳ぶこと
の二つです。…たった二つしかやれなかった。甘いです


…10/19(月)の練習の話に戻ります
・立五段は自分の中で基礎体力強化の一手として①でやっていました
8月上旬からは秋シーズンに向けて技術練習を増やしていく中で、②の割合を増やして①は減らしました
そして今回久々に立五段の記録を測りました。結果としては、以前より記録が落ちています
ここで思ったことは走高跳用に立五段の要素が取捨選択されたということです
つまり走高跳用にいいとこ取りされた結果、走高跳と引き換えに立五段は落ちた
同じことが、ウェイトやら他の基礎体力強化種目にも言えると思います
"記録低下=弱くなった"とは言い切れない、今回はこんな発見をしました
・ミニハードルは助走の練習として、脚を流さずコントロールする練習になるかな~と思って始めました
スピードを上げてパーツが流れると踏切によろしくないのでその防止です
まだお試しですが、今後伸びしろを使う準備に入っています


…最後に
冬の方針の詳細はまだ決めていません。シーズンアウトしてから決定しようと思います
目標は5月より高くなりまして、2016関東インカレで2m12を跳ぶことです
表彰台と同時に2016日本インカレB標準狙います
背伸びして、ジャンプして、届かせます
そのための練習を考えます


次回は永井君よろしくお願いします!

« 今シーズンの振り返り その2 | トップページ | 今シーズン »

練習日誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ