2022年5月25日 (水)

合練においでよ@梅田

皆様こんにちは。初めましての方は初めまして。B4の梅田と申します。お久しぶりです。生きてます。勝手に殺さないでください。

初めましての方々のために自己紹介をしておくと、種目は100mを専門にしています。長い距離は走れないし走りたくないです。大学の方では機械系に所属し、研究室では先輩から引き継いだロボットを弄る日々を送っています。とってもブラックホワイトな研究室です。

まずは本日の練習の総括です。今日のメニューは短短が100m×5(r=5min)、短長が200m×2×2(r=walk,R=20min)でした。私は短短のメニューに参加したのですが、訳あって(後述)5ヶ月もの間走れていなかったため、まるで体が動きませんでした。元々弱かった心肺もクソザコナメクジと化しており、5本走り切るので精一杯でした。なんか前腿がしんどかったので走り方もあまり良くない気がします。ついでに補強のランジでケツも破壊されました。運動不足って恐ろしい。

さて、先述のとおり、私は5ヶ月間合練に出席できておらず、今日がブランクが明けて2回目の合練となりました。なぜかというと理由は単純で、左足首を捻挫したからです。ではなぜ捻挫に至ったのか、それは今からちょうど5ヶ月前に何があったか思い出せば察しのつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです、OB戦です。OB戦で私は400mHと895mSCに出走しました。よりにもよって足首に負担のかかる2種目を選んでしまったのが運の尽き、明確に捻ったわけではないのですが、帰宅後に足首を見ると見事に腫れておりました。病院に行きMRIも撮ったのですが、結局症状はよくわからず、今はサポーターを付けて痛まない範囲で練習するという状況が続いています。5ヶ月静養した割に治りが遅いので不安感はありますが、焦らず体を戻していければと思います。フェードアウトなんかしてたまるか。

続いて、先日行われた関東インカレの感想をつらつらと垂れ流していこうと思います。まずは出場した選手の皆様、そしてサポートにあたったマネージャーの皆様、本当にお疲れ様でした。短距離の詳しい結果は前回のブログで坂巻が書いてくれたので割愛しますが、個人的に印象に残ったのはやはり長距離の小林が3000mSCで工大記録を更新したことですね。現長距離コーチの水町さんが打ち立て、長年破られなかった工大記録を破ったということはとてつもない偉業だと思いますし、大学から陸上を始めてストイックに練習を重ね、工大記録更新に至ったということには、同期ながら尊敬の念しかありません。小林おめでとう🎉

考えてみれば、こうして集団で関カレの応援をするのは3年ぶりです。関カレに関しては過去4回のうち今年が一番楽しめた気がします。家でライブ配信を観るのもそれはそれで楽しいですが、やはり会場を訪れてチームメイト全員で応援できるというのは素晴らしいことなんだと気づかされました。なんというか、月並みな表現ではありますが、喜びは分かち合うと倍増するのだと実感しました。また、新国立競技場での開催ということもあり、音響設備が豪華だったことも気分を盛り上げてくれました。あとは、どこぞの相模原の僻地と違って交通の便が良いのも高評価です。

ところで、久しぶりの合練に来て思ったのは、B4が少なすぎるということです。どの口がほざいとるんだという感じではありますが、同期が少ないと寂しいものです。すずかけ送りになった坂巻はさておいても、牧野と近藤が見事に消えていたことには涙を禁じ得ません。特に近藤、お前たまには合練に来い。新入生とお喋りするだけでいいから。

一番言いたかったことを吐けたので、記事はここまでにしようと思います。

次は土曜に来たB4の誰かにお願いします。いなければ上級生のどなたかにお願いします。

【関カレ デブリーフィング】失敗する場としての陸上部 @坂巻

日頃から東工大陸上部短距離ブログをご覧いただきありがとうございます。B4の坂巻嗣宗です。

研究してたり一人暮らしを始めたりで、最近合練に顔を出せていませんでした。先日の関カレで久しぶりに顔を見たという人も多かったように思います。そうです、関東インカレが終わってしまいました、もうじき一週間です。あっという間というか遠い過去というか、起きてすぐさっきまで見ていた夢の内容を思い出しているような気分です。今日のブログの内容は当然その関カレについてになります。中身の章立てとしては、次のように進めて行きます。

  1. 短距離パート全体の結果
  2. 自分自身の結果について
  3. 今後の予定、目標
  4. 関カレを戦って思ったこと

 

大まかにこの3つについて書いて行きます。予め謝っておきますがとんでもなく長いです。全部読んでほしいとは言いませんが、読んでほしいところは1章まででまとめてあるので、そこまででも読んでほしいです。

 

1. 短距離パート全体の結果

小林の長距離ブログに倣って短距離の結果をまとめてみます。まずは、当日の応援、サポート、ありがとうございました。短距離の出場種目はすべて平日での開催でしたが、それにもかかわらずサポートに来てくれた方々にはこの場を借りて感謝申し上げます。特に当日ゼミ欠席して教授に怒られながらもポールの運送をしてくれた梅田と原田には感謝してもしきれません。またライブ配信を見てくださった方にも感謝を。研究室のメンバーにも見られていたようで恥ずかしいというか面映いというか、ともかく応援ありがとうございます。

それでは、以下結果報告です。

【男子2部400m予選】2組8着 伊藤圭吾(B1) 52"63
新入生の伊藤君が400mに出場しました。記録は全体でも最下位。受験のブランクをまたいでの出場で望んだ結果ではなかったと思いますが、むしろここで結果が出るほうがおかしい。思いっきり負けるのはしんどいくても、大きな舞台で戦ったことは絶対に糧になります。ここから焦らず腐らず堅実に力をつけていってほしいと思います。

【男子2部十種競技】5位 坂巻嗣宗(B4) 5563点
詳しくは次章で記述します。ただ6人中下から2番目と不甲斐ない結果でした。本番でやらかしたとかそういったものより、純粋に練習してきたことの結果だと思っています。この一年間陸上にしっかりとコミットできていませんでした。来年もここに戻ってこれるように、あと11ヶ月足掻けるだけ足掻いてみます。

【男子3部三段跳決勝】4位 田中瑞希(M1) 14m19(-0.1)
初めての関カレにも関わらず、しっかりと結果を残せているのはさすがだと思います。ただ標準まであと1cm、惜しい。建築系で相変わらず忙しそうですが、なんとかまた標準を切って出場してほしいものです。

【男子3部110mH決勝】8位 横田有真 (M2) 15.31(-0.8)
有真さんは最後の関カレでしたが、思うような結果ではなかったようです。幅跳びのピットから競技を見ていましたが、動きが硬かったように思います。国立のトラックって記録狙いにくいですよね、わかります。最後のシーズンで14秒台出す有真さんをみたいです。

【男子3部4x100m決勝】2位 阿部和也 (M1) - 深町賢人 (M2) - 横田有真 (M2) - 梅沢陽希 (M1) 42.29
B標準突破🎉おめでとうございます!梅沢さんは初の対校4継でいきなり関カレにも関わらず素晴らしい走りでした。競技直後の梅沢さんと移動中にばったりエンカウントしましたが、願わくば生で競技を見たかったものです。

出場者は以上です。これだけなんですか?これだけなんですよ。寂しいよ!!!この章で何が言いたいって、関カレ標準突破者が少ないということ。関カレで東工大の存在感が年々薄くなっていると思います。(マイルの戦犯は俺ですが一旦棚に上げます)これで国公立や27大を戦っていけるのでしょうか。このままじゃ一橋に勝てねえぞ!そして現状、標準が据え置きと仮定しても、来年の資格記録を持っているのが院4継のみ。今年の出場者は院生が過半数。これでは東工大個人種目全滅の危機、とてもまずいんじゃないでしょうか。これから対校戦シーズンが始まって行くわけですが、(自戒もこめて)学部生にはまず危機感を持ってもらいたい。そして対校戦で活躍して、存在感を示してほしい。俺もしっかり点を稼いで貢献したいと思っています。中長距離におんぶにだっことは言わせない。
 

2. 自分自身の結果について

前述しましたが結果は5563点で5位でした。この記録はサードベストぐらいの記録になります。種目ごとの詳細な結果は長いので割愛します。全体の流れを追いつつ、結果を記述していきます。

まず一種目目の100mから思うような記録が出ず、走れていないこともあって走幅跳でもベストから程遠い記録となってしまいました。ここでだいぶ想定を下回って落ち込みました。ただ、今思うと普段の練習でのタイム的には妥当だったように思います。なんで想定タイムが高めだったのかというと、去年の関カレがPBぶっちぎりでうまく行き過ぎたせいで、「俺ってもしかして本番強いタイプなのでは?」と幻想を抱いていたからです。もちろんそんなことはありませんでした。去年はただのまぐれだっただけです。凡人は驕らず僻まず夢を見ず、堅実に積み重ねて行くのに限ります。

そして2種目目終了時点でちょっと凹んで、なんなら3種目目の砲丸も引きずってましたけど、4種目目の高跳びでは気持ちを切り替えてPBタイの記録を出せました。たとえしょぼい記録でも声出して喜んだりしていると、自分がなにかすごいことをしているような気分になるもので、そうすると不思議と記録も上向いてくるんだなと感じました。その勢いのまま400mも走って十種PBの記録を出せました。

二日目は6種目目のハードルで盛大にずっこけました。アップまでの調子はかなり良かったのですが、やはり練習不足と経験不足が祟ってレースはさんざんでした。こればっかりは練習あるのみです。ハードルでの失敗で吹っ切れて、それ以降は普段と変わらないパフォーマンスができました。そして特にやり投ではベストを5m更新して38m17と、一番の苦手種目でようやく結果が出てきました。

まとめると、はじめの3種目の失点が響いて一日目の合計点としてはワーストに近いものになってしまったものの、全体でなんとかベスト-100点近辺に収めることができました。失敗しても堅実にやっていけばきちんと記録は上向いていくということと、結果を出そうと意気込み過ぎたり博打を売ったりするとろくなことが無いことを、実体験として再認識させられました。特に十種競技では失敗しても取り返しが効く一方、どんな精神状態でも戦い続けなくてはいけません。そんな混成競技の醍醐味を少しだけ味わえたように思います。

繰り返しになりますが、当日サポートしてくださった方々にはもちろん、エントリーをはじめ大会に向けて準備をしてくれた幹部の皆さん、国立競技場という大舞台を用意してくださった関東学生陸上競技連盟の方々のご支援あって大会に臨むことができました。この場を借りてお礼申し上げます。しかし日大砲丸投げバスツアーはどうにかならなかったのか。

3. 今後の予定、目標

この関カレを通して感じたのは、スプリント不足と技術種目の練習不足です。書いてみて思ったのですが、要するに全部ですねこれ。とにかくスプリントを上げないことには得点が頭打ちになるので、ここは変わらず軸に据えて取り組んでいきます。2つ目の技術種目についてですが、これは二日目の円盤投、棒高跳、やり投です。どうしても練習量がものを言う種目ですが、初心者のうちはボール投げのような代用の練習でも継続して行えば結果につながると思います。実際やりに関しては実験の合間にボールを投げていただけでやりをほとんど触っていませんがPBが出ました。現時点で必要なのはボールや円盤に触る時間を増やすこと、実物が無くてもできる練習を積み重ねていくことだと考えています。とりあえずターンとボール投げはどこでもできるので練習再開したらすぐに取り組みたいです。

今後の目標としては、まず今年中に6088点の東工大記録を出すこと、そして来年度までに6300の関カレ標準を突破することです。そのためにも、100mは好条件下で11秒フラット、円盤30m、やり投45m、棒高跳4mを目標に据えていきます。

ただ、疲労と興奮が抜けないまま練習に取り組んでしまうと、焦りのほうが先に来てしまうので、一旦休みます。一週間は何もしないで、今週末から少しずつ動こうと思っています。

4. 関カレを戦って思ったこと

ここからは関カレを戦って思ったことを随筆っぽく書き並べてみます。

今回の関カレは、競技中に失敗してから立ち直らなくてはいけないシーンが多くありました。ただ大学生活でこのように失敗するシーンやそこからのリカバリーを求められる機会はそうそうないと思います。一方、これからの人生で失敗してはならないシーンにぶち当たって、そこで失敗してしまうこともあるでしょうし、そういうものに限って受験や就活といった人生のかかったものだったりします。自分の場合は受験で負けを繰り返して沼に嵌ってしまった経験もあって、このような失敗からのリカバリーが人生において重要だと思う次第です。そして陸上に限らず部活動ではこの失敗からのリカバリーを経験でき、なおかつ受験や就活のように人生がかかったものでは無いためにリカバリーの方法を実験的に試していけると考えています。これが大学に入ってまで飯の種にならない部活動を必死こいてやる理由の一つではないかとさえ思っています。

では、失敗からのリカバリーができるようになるには、どんな手順を踏んでいくべきなのでしょうか。失敗から立ち直って戦い続ける状況を考えると、まずは失敗したときに自分がどうなるかを知るべきでしょう。そしてそこから自分のパフォーマンスを最適化するには何をするべきかを考えるべきです。まずやらかした直後に自分がどうなってしまうのかを観察してみます。例えば対校戦でフライングで失格食らったあとに、リレー種目の時間が迫っている時、自分の心身はどんな状況に追い込まれているのか。具体的には以下のようなものが考えられるでしょう。

 

 

  • 言い訳を探す
  • 逃げ出す
  • 何も考えられなくなる
  • 現状を打開しようと突拍子もないことをし始める

 

こうして普段のパフォーマンスができない状況に追い込まれたときに、何をしたらここから最善の結果を得られるかを考えます。例えば次のような行動が挙げられます。

 

 

  • 無理矢理ポジティブに考える、良い要素を探す→口に出す、文字に起こす
  • もうなかったこととして記憶に蓋をする、他のなにかに没頭する→歩き回る、ゲームやる、本読む
  • 失敗したことを重く受け止めて、自分を追い込む

 

自分の場合を例として挙げると、失敗したときに突拍子も無いことを考えて博打を打つ傾向にあります。例えば大学受験でセンター試験で失敗したあと志望校を変える、十種の9種目で巻き返そうとやり投げて普段練習していない助走をつける、といった具合です。ここからの対処は、一旦落ち着いて記憶に蓋をすることです。今までのことではなく目の前のことにだけ集中するようにすると上手く行くことが多いです。ただ例外的に400mは自分を追い詰めると上手く行きます。1500mも同じかなと試しているのですが、上手くいかないことが多いのでこちらはまだ試行錯誤しています。このような具合に、失敗して追い詰められたときに自分がどうなってしまうのか、どうすれば最適なパフォーマンスができて受けた傷を浅くできるのかを、部活動ならば逐一試しながら模索できると思っています。

ただ、こういった試行錯誤はそうそうできるものではありません。受験、学会発表、就活、就職してからは食い扶持に関わって来ます。しかしながら人間である以上失敗はします。人生をかけた大一番でやらかした時、何をすれば負けを軽減できるかを知っておくことは価値あることだと思います。これは私感ですが、東工大生って失敗の機会が少ないというか、自分も含め人生トントン拍子で生きてこれたような人が多いように感じます。(何様だって話ですが)それ故、失敗できる機会というのは貴重であると思うので、失敗を学ぶ場としての部活動というのも、あってもいいのかなと思う次第です。もちろんですが、ただてきとうにやってしまっては意味がありません。自分なりに考えて、最適解を目指してやったもののフィードバックに価値があります。

長くなりましたが、関カレの失敗を通して自分に足りないと思うことを書き連ねてみました。なにかの参考になれば幸いです。

 

長らくお付き合いいただきありがとうございます。次のブログは、土曜日に応援に来ていた梅田で。

 

 

2022年5月18日 (水)

よろしくお願いします@立岩

こんにちは!立岩拓也です。部員の方々、これからもよろしくお願いします!僕は中高と100m専門でやっていました。今シーズンは高校の時のベストに迫るくらいの走りができたらいいなと思っています。呼び方に関しては、立岩でも拓也でも何でもいいのでお好きにお呼びください。

5/18(水)のメニューは 短短は60×3  120×3 (r=walk,r=15min) 短長は300×2 (r=25min)でした。

今日はアップの時間をほとんど諒人先輩との会話に使いました。共通点が意外と多かったので、勝手ながらとても親近感がわきました。院生も含めると先輩方はとても多いですが交流を大事にしていこうと思います。

本メニューについてですが、ダッシュ系では怪我しやすいので60mは慎重に走りました。120mではスタートを意識しすぎた結果コケかけました。とりあえず先輩が走ってるレーンに入らなくてよかったです。僕はスタートでコケることがたまにあるので、練習で隣のレーンを走るときは気を付けてください。また、高校生の時と比べてだいぶ筋力が落ちてると感じているので調子を戻すためにも、スタートでコケないためにも補強をしっかりやって筋力をつけていきたいと思います。

趣味についてですが、僕は日向坂46がとても好きです。受験を乗り越えられたのも日向坂のおかげといっても過言ありません。それくらい勇気をくれるグループです。実はこのブログを書いている今も日向坂の曲を聞いています。太星先輩も日向坂が好きということで同じ趣味の方が部内にいてとても嬉しいです。先輩がブログで書いている日向坂コーナーも、いつか許可が出たら僕も書いてみたいです。

次は、次回練習に来たB4以上の方にお願いします。

 

 

2022年5月11日 (水)

初めまして!@伊藤

初めまして!今年度入部しました、生命理工学院1年の伊藤圭吾です。圭吾とかけいちゃんって読んでもらえると嬉しいです。

5/11(水)のメニューは8割程度の出力で150×5(r=10)のテンポ走でした。

以前、札内先輩に足の振り下ろしのパワーが足りないことをアドバイスして頂いたので今日は振り下ろしを意識して走りました。そしたら、スピードが楽に出たのでこれからも続けていこうと思います。また、いつも走る前緊張してしまう癖があるのですが、今回は自分の走りに集中していたおかげか、あまり緊張しなかったので良かったかなと思ってます。

自分のことについて少し書きます。

陸上は小学生からやっていて、高校までは400mとたまに200mも走っていました。ですが受験のブランクがあり、あまり走れないですが、体を戻すというより新たに作っていくイメージで頑張りたいと思います。

趣味はアニメ鑑賞です。やはり、現実にはない世界観を味わえるのが魅力だと思います。僕は特に日常系と言われるジャンルが好きなので、もし他に好きな人がいらっしゃったらぜひお話しましょう!

改めましてこれからよろしくお願いします!

次は拓也にお願いしたいと思います。

2022年5月 4日 (水)

よろしくお願いします!@市山

初めまして!

4月から入部しました、昭和女子大学1年健康デザイン学科の市山綾花です

名字で呼ばれたり、いっちーと呼ばれたりと下の名前で呼ばれる事がないので上の名前で呼んでもらえると、助かります(笑)

陸上は中学ですこしと高校3年間、100を中心に200もやっていました!

大学でも100中心にやりたいと思っていたのですが、最近200の楽しさに気づき両方挑戦していきたいなと思っています!

さて、5/4(水)の練習は短短と短長分かれての練習で短短は100×4(r=15)でした。

私は足の振り下ろしが遅いとよく言われるので、そこを中心にスタートの加速を意識して走りました。

久しぶりの100mだったので緊張しましたが、力まずに走れたので良かったです。

高校では3年間女子1人という環境で部活をしていたので先輩方や同級生と走れてとても楽しいです!

私の第一目標は自己ベストのタイムまで体を戻すことです!頑張ります!!

これからよろしくお願いします!

2022年5月 3日 (火)

はじめまして!!@山口

初めまして!4月に入部しました、B2の山口翔香です。初ブログでうまく書けるか心配ですが楽しんで読んでもらえると嬉しいです。

まず自己紹介をします!昭和女子大学会計ファイナンス学科に属しています、2年の山口翔香です。最近設立された学科なので他学科からは必ず「初めて聞いた~」って言われるので、ぜひ覚えてください!(笑)東京の明星高校出身で、中学のころから100mメインでやっています。私は疲労骨折や肉離れ、椎間板ヘルニアなど年に1回冬頃に必ず怪我をしていています。だから今年は怪我をせずに走ることが1番の目標です!!と言いたかったのですが、前々回の練習で200走った時にカーブのところで変に足を接地してしまい炎症しまい1週間走れない状態でした…初っ端からやってしまいましたが改めてこれからは怪我に気を付けながら走っていきます!!

 

さて、4月30日()のメニューについて書きたいと思います。60m×4、80m×3で9割の出力で加速区間の走り方を意識して走る練習でした。私は後半型なので加速していくことが得意なのですが、高3の引退試合から入部するまでほぼ走っていなかったため筋力や走力が落ちてしまい、思うような走りとタイムを出すことができませんでした。しかしここからがスタートだと思って初心に戻って焦らず怪我しないように身体づくりをしていこうと思います。

 

最後に、初めての練習に参加した時から短距離女子は初対面感がなくて話しやすく、マネさんや男の先輩からも話しかけてくれることが多く毎回部活に行くのが楽しみです!!

改めましてこれからよろしくお願いします!

次は綾花ちゃんお願いします!

2022年4月27日 (水)

レアキャラすがぴっぴだお@菅原

どうも、なるみんにレアキャラと言われたB3の菅原です。

最近、裏ボスって言われたり、部活の後輩にチャラくて怖いって言われたり、高校の後輩に敵に回したくない、近寄りたくないって言われたりしてるのに、レアキャラって可愛い感じでブログを回してくれて、ありがとなるみん

 

4/27のメニューは、200×4r=10)テンポ走でした。

自分的には、だいたい31s後半位で走れてかなり良いペースだったと思います。今日は、気温も涼しく日差しも出ていなかったため、とてもリラックスした状態で走ることが出来ました。

 

326.27日に国士舘で七種競技に出ました。2月の後半から練習を始め、なんとか七種競技をやりきりました!

100mH18s前半台に入ればいいなと思っていたのですが、隣のレーンの方が転んだことでビビってしまい、ハードルも揺らされてしまったので20s台を出してしまいました。

走高跳は130跳べたので、とても満足でした。

砲丸投は、もしかしたら自己ベストかもしれない記録でした。

200mは、ギリギリ30sをきれることができてよかったです。

走幅跳は、一回目がとても良い跳びだったのですがファールでした。2回目、3回目は4m30?位であまりいい記録は出なかったです。

やり投は、31m05で大学ベストでした。とても嬉しかったです。

 

話が変わりますが、とうとう私も3年生になってしまいました、、、新一年生のキラキラをみていると、老化したなと感じます。

大学側が就活の話をたくさんしてきて、かなり鬱なので、最近は社会人になったら、やりたいことを考えることにました!

まず一つ目は、一人暮らしをする!

二つ目は、ゴールドジムかボクシングに通う!

三つ目は、爬虫類かカエルを飼う!

また、増え次第報告していきたいと思います。

 

こんな中身のないブログを読んでくださりありがとうございました。次は、4月に入部してくれた2年生のしょうかちゃん!よろしくお願いします!

日焼けしたくない@金島

お久しぶりです!金島です。

 

最近、日差しが強くじめじめとした日が続きますね。私は足は焼きたいけど、顔は焼きたくないので紫外線対策にめっちゃ苦労しています。

 

4月23日のメニューは、150×4(r=15min)のwave走で前半の50mで加速、中盤の50mをリラックスしてスピード維持、後半の50mはスピードを上げる意識で走るというものでした。私は、怪我明けだったので足の疲労感はあまりなくリラックスすることができたと思います。正直wave走はあまり得意ではなく、中盤のリラックスした状態から後半もう一度加速するところにいつも課題が出てしまいます。ゴール近くでスピードを緩めてしまうのも悪い癖なので最後までしっかり走りきることも問題点でした。練習でも緊張感をもっていきたいと思います。

 

さて、今年は女子にもたくさんの新入生が入ってきました。これで念願のリレーにも出場できそうです。新入生はみんな個性がそれぞれあった面白いです。私は人を動物に例えるのが得意なので、気に立った方はぜひ聞いてみて下さいね、、笑

 

話は変わりますが、皆さんはゴールデンウィークなにして過ごしますか?私は、姉と姉の彼氏と一緒に餃子フェスに行こうと思ってます。駒沢公園であるので、行きたいよーって人は金島に連絡ください!そしたら、姉との約束はほおっておいて一緒に行きましょう。

別日には、バイト先の人たちとボルダリングに行く予定です。めっちゃ久しぶりにするので変なとこが筋肉痛にならないようにほどほどに楽しもうと思います。

今回のブログはここら辺で終わりたいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございます。次は、レアキャラのりょうかさんお願いします。

 

2022年4月20日 (水)

1cm伸びた@喜多村

こんにちは、身体測定で身長が去年より約1cm伸びていたB2の喜多村です。

4月20日のメニューは、200+200+300(r=10)で、出力は8割程度で最後までフォームを崩さないことを意識するというものでした。300を走るような少し長めのメニューは久しぶりだったので良い疲労感を感じられました。フォームを意識して走っていたつもりだったのですが、動画を見たら、腕を後ろまで振れていなかったり足が流れ気味だったので、疲れがある状態でも理想のフォームを維持できるように体力や持久力をもっとつけていきたいと思います。自分は走幅跳をやっていますが、3本または6本ある試技の途中で疲れてフォームが崩れてしまうと前の跳躍の改善点を次の跳躍に上手くつなげられなくなるのでフォーム意識はこれからも続けていきたいです。

話は変わりますが、自分は工学院電気電子系に所属しています。先週から授業が始まったのですが、1Qは文系教養や英語などを含む全ての授業がオンラインです。板書が見やすいといったメリットはありますが、同じ系の人に会えないことやずっとパソコンの前で授業を受けていると体が凝り固まってしまうことを考えると、コロナが収まってある程度は対面が復活してほしいと思います。

あと最近は新入生の方々が練習に参加してくれてうれしいです。僕たちの代は比較的部員が少ないのでその分たくさん入ってほしいのと、できれば跳躍の人も入ってほしいです。

今回のブログはここらへんで終わりたいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。次は金島にお願いしたいと思います。

2022年4月16日 (土)

目が@平田

こんにちは。今週の月曜から体重増加のために朝にプロテインを飲みだすようになったB2の平田です。

4月16日のメニューは60×3(r=walk)120×3(r=15),60は確認程度で走って120は9割程度の出力で走るというものでした。僕は1本目の120を走る際、腕を一生懸命ふって足が空回りしている感じがしました。なので2,3本目は腕振りをすこし大きめにするということを意識したところタイムも1本目より良くなったので良かったです。これからの練習で腕振りの大きさやピッチをいろいろ変えて試してみて自分に合うものを見つけていきたいです。

話は変わって今週の月曜から大学の授業が始まりました。僕は今工学院機械系というとこに所属しています。そして一通り授業をうけて率直な感想は授業が長いです。ほとんどの授業はzoomでの授業で100分と1年の時の授業と変わりませんが100分は僕にとってまだ長いです。それに加えて一部の授業は適宜休憩を取るが前半80分、後半220分という授業もありました。たぶん僕の集中力があまり長く続かないからだと長く感じるのだと思います。集中力を身につけて授業頑張りたいです。それでも長時間パソコンを見るのは目が疲れてしまうと思います。なので目の疲れを緩和する方法があったら是非教えてほしいです。

今回のブログはここらへんで終わりたいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。次は喜多村にお願いしたいと思います。

«キラキラが欲しい @浅川

無料ブログはココログ